産み分けって以前流行りましたね。

更新:2023.12.22

昭和の時代のときには、男女の産み分けはかなり重要なファクターだったと聞いています。男子を産むには、女子を産むにはどうしたらいいのかを真剣に話し合っていた時代がありました。

  1. 食事: 特定の食品や栄養素を摂取することで、子供の性別に影響を与えるとされる迷信があります。例えば、男の子を望む場合は塩分やカリウムを多く含む食品を、女の子を望む場合はカルシウムやマグネシウムを多く含む食品を摂る、などです。
  2. タイミング: 性交のタイミングが子供の性別に影響を与えるという迷信もあります。例えば、排卵日に近い日に性交すると男の子、排卵日から離れた日に性交すると女の子が生まれると言われることがあります。
  3. 性交の位置: 性交時の体位が子供の性別を決定するという迷信もありますが、これには科学的根拠はありません。
  4. 月の周期: 月のサイクルや特定の日に性交することが子供の性別に影響を与えるという信仰も存在します

これらは全くの迷信と言っても良いかもしれません。しかし、当事者たちは真剣です。

そこで現代の産み分けの最新方法を紹介します。それはPGDという手法を用いた遺伝子的手法です。以下がその方法です。

  1. 体外受精(IVF): 女性から卵子を採取し、男性の精子と体外で受精させる。
  2. 胚の発育: 受精卵は数日間培養され、胚に発育します。
  3. 前胚移植遺伝子診断(PGD): 発育した胚から数個の細胞を採取し、遺伝子検査を行います。この検査では、染色体異常の有無だけでなく、胚の性別も判定できます。
  4. 胚の選択: 希望する性別の胚を選び、女性の子宮に移植します。

もちろんこれは体外受精でないとできません。現在妊娠の30%ぐらいは体外受精と言われているので、多くの人は検討できるかもしれません。自然妊娠でもNIPT検査を行えば、簡単にわかります。ちなみに通常の産婦人科のNIPTでは、この項目は含まれておりませんので気をつけてください。

最新の更新記事

RANKING

編集部がおすすめする
NIPT総合ランキング

ヒロクリニック

1

プレママクリニック

2

NIPT JAPAN

3

価格が安いランキング

Aクリニック

1

ヒロクリニック

2

NIPT JAPAN

3

実績が高いランキング

ヒロクリニック

1

八重洲セムクリニック

2

プレママクリニック

3

結果が早いランキング

ヒロクリニック

1

NIPT JAPAN

2

八重洲セムクリニック

3

最新の記事一覧